(編集中)青森で注文住宅を検討中の方必見!間取りで失敗しないためのポイントとは

お問い合わせはこちら

ブログ

青森で注文住宅を検討中の方必見!間取りで失敗しないためのポイントとは

2021/01/14

青森で注文住宅を検討中の方必見!間取りで失敗しないためのポイントとは

青森で注文住宅を検討中の方はいませんか。

「新築の住宅で後悔したくない」

「間取りでよくある失敗例を知っておきたい」

このようにお考えの方はいませんか。

多くの人がしてしまいがちな間取りの失敗例を知っておくと、失敗を防ぎやすくなりますよ。

水回りの間取りの失敗例とは

生活に直結する水回りは失敗につながることが多いです。

ご自身が同じ失敗をしないためにも、失敗例を把握しておきましょう。

まず、トイレの設置場所で失敗するケースが多いです。

トイレと寝室が離れすぎていると、夜中にトイレに行くのが面倒ですよね。

逆に、寝室と近すぎると水を流す音で目が覚めてしまいます。

できるだけアクセスしやすい位置や音に悩まされることのない位置にトイレを設けると良いでしょう。

キッチンと玄関の距離が離れすぎていても、不満を感じやすいです。

玄関からキッチンまでお米など重たい荷物運ぶのは大変ですよね。

必然的に冷蔵庫も玄関から遠くなるので、購入頻度が多い食材を毎回しまうのは手間がかかります。

キッチンと玄関の距離はできるだけ近くした方が無難です。

キッチンにアクセスしやすいような間取りを考えましょう。

洗面所の失敗例も多いです。

通学、通勤前の朝の準備時間は混雑しがちです。

特に、歯磨きや洗顔などやることが多い洗面所は混雑しやすいので、住み始めて不満を感じやすいです。

家族の人数が多い場合は、洗面所の面積を広くして、洗面台や鏡を複数設置すると良いでしょう。

洗面台にコンセントが不足すると何かと不便が生じます。

ドライヤーや髭剃りを同時に使用できるように、コンセントは多く配置しておくと良いでしょう。

間取りで失敗しないためのポイントとは

しっかり考えて間取りを決めたつもりでも、家の完成後に住み始めてから後悔してしまう人は多いです。

そうならないためにも、失敗を防ぐコツを知っておく必要があります。

ここでは、間取りで失敗しないためのポイントについて解説します。

まず、LDKの間取りを優先して決めましょう。

LDKは一番場所を取り、使用頻度の高い重要なスペースです。

そのため、どんな過ごし方をしたいか、どの程度の広さが良いかなど、他の部屋の間取りより優先的に考えてくださいね。

水回りに関しては、デザインよりも使い勝手を重視すると失敗を防げます。

また、生活動線も意識しながら間取りを考えると良いでしょう。

プライベートルームに関しては、個人の時間を有意義に使えるよう必要な数や広さを検討しましょう。

まとめ

今回は水回りの失敗例や間取りで失敗しないためのポイントを紹介しました。

間取りを考える際は、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。

注文住宅をお考えの方は、お気軽に当社までご連絡ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。