注文住宅のコンセントでよくある後悔とは?後悔しないための手順も紹介!

お問い合わせはこちら

ブログ

注文住宅のコンセントでよくある後悔とは?後悔しないための手順も紹介!

注文住宅のコンセントでよくある後悔とは?後悔しないための手順も紹介!

注文住宅をご検討中の方で、コンセントについてお悩みの方はいらっしゃいませんか。

コンセントは日常的にあまり意識されることはないものの、必要な場所にないとかなり不便です。

この記事では、コンセントで後悔した例後悔しないための手順について詳しく解説します。

コンセントで後悔した例を場所別に紹介

リビングでの例

リビングではテレビ以外にゲーム機や録画機器、扇風機など様々なモノを設置するため、多くのコンセントが必要です。

さらに最近では、在宅勤務をする方が多くなっています。

そのため、パソコンやタブレットを用いる機会が急増し、コンセントを使う機会も増えています。

また、リビングの広さによっては掃除機を使用する際、掃除機のコードが届かず、不便に感じることもあります。

キッチンやダイニングでの例

最近は豊富な調理家電の登場により、キッチンまわりで使うモノが増えてきています。

炊飯器やオーブンレンジだけではなく、コーヒーメーカーや電機圧力鍋などたくさんのコンセントが必要になります。

 

『家電収納ユニット部分にはコンセントを設けたけどキッチン側に忘れていた』

という事が無いように気を付けましょう。

 

また、ダイニングテーブルを設置する付近にもコンセントが1つあると卓上IHヒーターやホットプレートを使用する際に便利です。

玄関や屋外での例

玄関やシューズクロークにコンセントがあると靴乾燥機や除湿機が使えて便利です。

 

また、屋外にコンセントがあると、防犯対策のための防犯カメラやセンサーライトの設置も可能です。

注文住宅のコンセントで後悔しないための手順とは

先ほど紹介した例を知ってから、後悔しないようにしたいと感じた方は多いと思います。

そこで以下では、コンセントで後悔しないための手順について紹介します。

 

①各部屋でのコンセントの使い方を考えて数を決めてください。

生活するそれぞれの部屋でコンセントを使うとしたら、どのような使い方をするのか、考えましょう。

このとき、コンセントの設置に迷うようでしたら、多めに設置することをオススメします。

これは場所によって、注文住宅完成後の後付けができない可能性があるからです。

電を考慮した高さにすることが大切です。

 

②コンセントを使用する家具や家電の配置を考え、位置を決めましょう。

この際、コンセントのないエリアを作らないことが大切です。

今後の生活スタイルの変化によって、予想していなかったコンセントの使い方が出てくる可能性があります。

 

※コンセントの高さにも注意しましょう。

一般的に高さは床から25センチメートル程度が良いと言われています。

しかし、家具や家電を設置によりコンセントが隠れることがあるため、家具や家電を考慮した高さにすることが大切です。

まとめ

今回は、新築住宅のコンセントで後悔した例と注文住宅のコンセントで後悔しないための手順について紹介しました。

コンセントで後悔しないために、ぜひこの記事をお役立てください。

 

また、注文住宅をお考えの方は、ぜひ当社をご検討ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。